長茎術の気になる痛みの話。麻酔や技術で防げるのか

長茎術の施術を受ければ、陰茎の大きさに不満を感じていた人も、自信を持つことができます。
ですが、長茎術に関心を持っている人の中には、手術を受けてみたいけれど、手術中に痛みを感じることを恐れ、手術をためらっている人もいるのではないでしょうか。
長茎術は方法によって時間がかかることもありますが、手術をおこなっているクリニックでは患者の苦痛を軽減するために、さまざまな方法を採用しています。
全く苦痛を感じずに手術を終えられるような方法もありますが、ここでは、こうした長茎術の痛みに関する情報について、詳しく紹介します。

長茎術の手術で使用される局部麻酔

長茎術は男性向けのクリニックでおこなわれている施術の中でも、比較的時間がかかる手術です。
そのために、何もしないで手術をした場合、患者は激しい痛みを感じてしまうことになりますが、そうならないで済んでいるのは、麻酔を使用してから手術をおこなっているからです。
長茎術の手術で一般的におこなわれているのは、局部麻酔という方法です。
これは、麻酔の中でも手術をする部分だけの痛みを感じさせなくできる方法で、施術をする場所に注射器で麻酔薬を注射するのが一般的な方法です。
この方法で麻酔をすることのメリットは、患者が施術中に全く痛みを感じることなく、手術を受けられることです。
施術中にしっかりと意識があるのが全身麻酔をしたときとの大きな違いで、注射をした部分の感覚はなくなっても、脳はしっかりと働いている状態です。
手術中は何もすることがなくて退屈を感じることもありますが、体を動かすこともできなくなっているために、手術が完了するまで気長に待ちづけることになります。
ですが、どれだけ長茎術の手術に時間がかかっても、麻酔を注射しておくことで全く苦痛を感じずに手術を終えられるので、痛みを気にしている人も安心して施術が受けられます。

メスを使わないで痛みを和らげる長茎術

長茎術の手術は、患者の状態によってさまざまな方法の中から選ぶことができるのが特徴です。
自分の状態に合った手術を選んだ方が、手術をした後の状態にも納得しやすくなりますが、どのような方法で手術を受けるかによっても、手術中に感じる痛みが変わる場合もあります。
長茎術はメスを使用して手術をおこなうのが一般的な方法ですが、クリニックによってはメスを使わないタイプの手術をおこなっている病院もあります。
メスで体を切らなくて良い分、患者の体にも負担がかかりにくくなっているのが、こうした方法のメリットです。
メスを使用しなくても陰茎を長くすることができるのは、陰茎にはもともと体の中に埋まっている部分があるからです。
どの程度陰茎が体に埋まっているかは人によっても個人差があり、陰茎の多くの部分が体に埋もれている人の場合には、実際の長さよりも短く見える場合があります。
メスを使わない長茎術では、この体の中に埋もれている部分の陰茎を外に出すことで、陰茎全体を長くすることができます。
体の中に埋まっている陰茎が長いほど、効果的に陰茎の長さを改善できる方法で、メスを使用しなくてもできるために、患者が感じる痛みも少なくなっています。

痛みを感じさせないで長茎術をするための技術

長茎術をおこなっているクリニックでは、メスを使っておこなう手術でも、患者が痛みをできるだけ感じないように工夫しています。
メスを使って陰茎を長くする手術の代表的なものが、恥骨と密着している体内の陰茎を引き離す方法です。
この方法で手術をおこなう場合には、陰茎の一部を切除する必要があり、患部にあらかじめ麻酔注射を打っておくことで、患者が痛みを感じないようにすることができます。
ですが患者によっては、麻酔注射の痛みを嫌がることもあるために、クリニックによっては麻酔の注射の痛みを和らげる方法を採用している場合もあります。
麻酔注射をする部分にあらかじめ別の麻酔をするのも、患者の痛みを緩和するためによくおこなわれている方法です。
皮膚の表面に麻酔をしておくことで、注射をしたときの痛みを感じにくくすることができます。
こうした目的で使用されているのが、皮膚の表面にテープのように貼ることができるタイプの麻酔です。
テープの内側に麻酔の成分がしみ込んでいるために、肌の表面から麻酔をすることができます。
霧状の麻酔薬を皮膚の表面に吹き付けて麻酔をする方法もあり、注射をする前に使用することで、注射の痛みを効果的に緩和できます。

まとめ

長茎術の際に使用されている痛みを抑えるための麻酔について紹介してきましたが、多くの病院では痛みをほとんど感じずに手術を終えられるようになっています。
メスを使用して長茎術をおこなう場合でも、施術する部分にあらかじめ麻酔注射を打っておくことで、患者は全く痛みを感じることなく手術を受けることができます。
長茎術の場合にはメスを使わないでも症状を改善できる方法もあり、体に埋まっている部分の陰茎を外に出すことで、痛みを感じずに陰茎を長くすることができます。
痛みを感じないようにして長茎術を受けたい人は、事前に医師としっかり相談した方が最適です。

関連比較サイト
長茎術をうけようか決めかねている方へ
長茎術が出来るクリニックをランキング形式で紹介